2012年06月07日

日曜コースB 6月3日



IMG_c9911.jpg


日曜コースB 6月3日


成績優秀者=遠藤準四段4−0 鈴木準二段4−0 中野二段3−1 淺沼初段3−1 岩井1級3−2 

指導対局勝者=中野二段(飛落ち、昇級試験、上田1級)

昇級者=中野伸哉二段
準三段 岩井1級準初段



中野二段がようやく昇級した。もともと底力があるので遅いくらいの昇級だ。序盤から中盤を勉強すればもっと伸びる素材を持っている。遠藤準四段は相変わらず好調で実力充分。鈴木準二段も昇級試験が続いている。終盤のあたりで何かが足りないが、今のうちに実力をつけたい。淺沼初段も昇級試験だがそろそろクリアしたい。岩井1級はようやく初段に昇級したが、もともと安定感があって、これからも期待できそうだ。



やはり「終盤の強さ」がないと有段者の中では勝ちきれない。それから序盤から中盤にかけて形勢を悪くしないことだ。この2点がポイントになる。部分的に盤面を見る時期から、全体を見ながら指し手を考える
大局観が大切になってくる。



posted by モリノブ at 17:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースA 6月3日

 




IMGc_9834.jpg

日曜コースA 6月3日




成績優秀者= 淺沼初段3−0 信楽光希8級4−1 刈屋明日香13級6−2 福田四段3−1 刈屋直隆6級4−2 吉村六段2−1 飯田初段2−1 平林6級3−2 寺本15級3−2

指導対局勝者=福田四段(飛落ち、上田1級)飯田初段(二枚落ち、坪井1級)刈屋明日香13級(六枚落ち上田1級)

昇級者=刈屋明日香13級
12級



20名出席だった。指導が坪井1級で補佐が上田1級、手合いが阪上二段だった。刈屋明日香13級が堂々たる成績で昇級した。方針がくるっても崩れない強さがある。淺沼初段が好調だが、昇級試験がまだクリアできていない。ここで力をつけておきたい。信楽8級は勢いが衰えない。どこまで伸びるか楽しみだ。



 ある程度自分の棋力の壁にぶつかるまで、白星が続く。そこからが勝負だ。また黒星が続くのは壁がきているので、何らかの対策が必要だ。まずは集中力をつけること、それから戦法を変えてみること、そしていつもよりも攻めっ気を出すこと、などの案がある。



posted by モリノブ at 16:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

伊丹日曜コース 5月27日



IMG_c9376.jpg


伊丹日曜コース 5月27日


成績優秀者=淺沼初段4−0 崎山6級3−0 岡川5級2−1 

指導対局勝者=岡川5級(四枚落ち)

昇級者=崎山諒介6級
5級



10名出席だった。崎山6級が連続で昇級した。以前は淡白だったが、今は粘り強くなってきている。淺沼初段は序盤はやや甘いが、受けが強くて粘り強さが特徴だ。昇級試験だったが、これは負け。岡川5級は振り代えだが、中盤あたりから力を発揮してくるタイプのようだ。伊丹コースは序盤から中盤はうまくないが、腕力派が多い。



指導対局は序盤から中盤で無理をしてしまうか、作戦負け?で攻めが細くなってしまう傾向があるようだ。大駒落ちは確実に攻めることが

急所となる。我流は通じないので、「きちんと攻めの駒組み、守りの駒組みを作るようにしたい」



posted by モリノブ at 19:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

土曜コース 5月19日


 

IMG_c9023.jpg












IMG_c9025.jpg
IMG_c9025.jpg


土曜コース 5月19日


成績優秀者=棚瀬16級7−0 獺ヶ口五段4−0 高井幸皓4級4−0 吉村六段3−1 岡本隆宏3級3−1 浅沼初段4−2 平野6級4−2 野条準初段2−1 高井遼輝132 白井準2級3−2 奥野元太7級3−2 薄10級3−2 受川17級3−2



指導対局勝者=平野6級(五枚落ち、森七段)田邊煌人17級(七枚落ち、森七段)



昇級者=平野獏6
5級 棚瀬一真1615



30名出席だった。藤原三段が指導で、森七段が補佐、阪上二段が手合いだった。平野6級が待望の昇級だ。中盤からやや弱気になるクセがあるので、強気の攻めに転じればもっと行ける。棚瀬16級は快進撃が続いている。攻めに目が向いているのがよい。高井4級は前回から終盤で鋭さが増して、勝ち始めた。岡本3級は安定感がある。淺沼初段も成績では安定感がある。ややスロースターターだが、中盤をクリアすればたくましくなっている。



 野条準初段は戦法に工夫したい。実力を発揮できる戦法を指していない気がする。高井1級もエンジンがかかってきた。白井準2級はツボにはまると強いが、無理に攻めるときはよくない。攻めるタイミングがうまくないようだ。奥野元太7級も受けがうまくない。勝負強さはある。薄10級はもっと攻めた方がよい。受川17級も積極さがほしい。攻めを重点におきたい。



 徐々に全体のレベルが上がっているのを感じるのはうれしい。よけいに集中力をつければもっともっと伸びるのにと思う。但しまだ勝負の決着があっけないことが多いようでもある。みんながレベルアップしながらもまれる雰囲気はいい。そうあってほしい。



posted by モリノブ at 15:07| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースB 5月13日



IMG_c8818.jpg

日曜コースB 5月13日

成績優秀者=遠藤三段5−0 岩井1級4−1 福田準四段3−2 中野二段4−3 浅沼初段4−3 

指導対局勝者=福田準四段(飛落ち、阪上二段) 遠藤三段(飛落ち、森七段) 岩井1級(二枚落ち、阪上二段)福田ほのか11級(五枚落ち、阪上二段)

昇級者=福田拓馬準四段⇒四段 遠藤昂晶三段⇒準四段

☆10名出席だった。阪上二段が指導で、森七段が手合いと指導だった。福田準四段がようやく昇級した。内容がいいときは強いが、悪い時に単調になるのが気になる。全体を通じてやわらかい身のこなしのような将棋を指したい。遠藤三段もたくましさがそのまま成績につながっている。

 岩井1級がいよいよ初段に近づいてきた。底力は十分にあるので、昇級の目を大切にしたい。中野二段は今回も昇級試験がクリアできなかった。中盤で形勢を損じないように慎重に指したい。淺沼初段はこの場でも負けなくなっているのが頼もしい。

 このコースは全体にレベルアップしているので熱戦が多いようだ。それから形勢判断しながら指すのも大切だ。そのあとで終盤の腕力が必要になってくる。
posted by モリノブ at 00:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースA 5月13日



IMG_c8807.jpg 
 

日曜コースA 5月13日


成績優秀者=黒岡12級5−0 信楽光希9級5−1 刈屋明日香14級5−1 奥野文太4級4−1 遠藤三段3−1 酒井3級3−1 小林9級3−1 尾上友準二段3−2 淺沼初段32 奥野元太7級4−3 



指導対局勝者=白井準2級(三枚落ち、坪井1級)藤本18級(八枚落ち、森7段)



昇級者=小林昌樹9
8級 刈屋明日香1413



22名出席だった。坪井1級と森七段が指導で、手合いが阪上二段だった。小林9級が昇級した。入門コース組の筆頭だが、冷静に指せば安定したものがある。刈屋明日香14級もほぼ連続昇級だ。粘り強さがあるのが良い。終盤を磨けばもっと行ける。



 黒岡12級がパワーアップしている。楽しみである。信楽光希9級も入門コース卒業組である。勝ちっぷりが心地よい。終盤のセンスの良さが売り物だ。奥野文太4級も勢いが止まらない。遠藤三段はたくましい将棋になった。酒井3級は久しぶりだったが、好成績だった。



 全体に黒星と白星が偏っている傾向にあるようだ。こういう方が昇級にからみやすいものだ。負けが多いとどこかで流れを変えないといけないが、前向きに「攻める」姿勢を持つのがよい。

 



posted by モリノブ at 00:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜コース 5月12日


 
 IMGc_8745.jpg



IMG_c8746.jpg


土曜コース 5月12日



成績優秀者=棚瀬17級5−0 吉村六段3−0 奥野文太5級3−0 福田準四段3−1 飯田初段3−1 岡本隆宏3級3−1高井幸皓4級3−1 松村7級3−1 薄1032 中井9級4−2 片山12級4−2 松本準三段2−1



指導対局勝者=飯田初段(二枚落ち、森七段)岡川5級(四枚落ち、森七段) 片山12級(五枚落ち、森七段)中村18級(七枚落ち、森七段)



昇級者=奥野文太5
4級 松村響76級 岡本吉晃10級9級 棚瀬一真1716級  



25名出席だった。千田三段と森七段が指導した。手合いは阪上二段。奥野文太5級は少し壁にぶつかっていたが、難なくクリアしたようだ。これから有段者との対戦も出てくるので楽しみだ。松村7級も作戦に懲りすぎの面があったので、オーソドックスになればもっと勝てるだろう。岡本吉晃10級は底力があったので順当な昇級だった。棚瀬17級は入門コース卒業組だが、どんどん伸びて行きそうで楽しみだ。



 

 高井幸皓4級は少し終盤がパワーアップしたようで、これならいけそうだ。中井9級は集中すれば伸びる気配がある。片山12級は自信をもてばもっと上がれる。



 後半で少し雰囲気が崩れたのが残念だが、全体ではレベルアップしている。よけいにもったいないと思ってしまう。将棋に集中すればどんどん伸びるものなのだ。もっともっと勝ちたい、強くなりたい欲をむき出しにしてほしいものだ。

 



posted by モリノブ at 00:15| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

木曜入門コース 5月10日



IMG_c8715.jpg


金太郎も将棋を指す?

木曜入門コース 5月10日


成績優秀者=高木19級5−0 山田18級3−1 信楽なおき17級4−2  小西20級3−2 

指導対局勝者=信楽なおき17級(六枚落ち)杉田18級(六枚落)高木19級(六枚落ち) 小西20級(六枚落ち) 佐治20級(六枚落ち) 吉田22級(六枚落ち) 西田23級(六枚落ち)谷本24級(七枚落ち)

昇級者= 高木洸希19級
18級 小西修平20級19級 吉田修司22級21級 



11名出席だった。高木19級が一躍目立つ活躍だが、日ごろ詰将棋を熱心に解いているのが効果的でよかった。終盤に不安があったのと、難しい局面で手が止まっていたが、それも克服してきている。これから楽しみだ。小西20級はやはり終盤が課題だが、中盤まではうまいので、詰将棋をどんどん解こう。吉田22級は悪手が少ない将棋なのがよい。バランスがいいので、終盤を鍛えれば伸びていきそうだ。



 信楽なおき17級は終盤であわてないで、きちんと指せれば全体では実力がある。山田18級は攻めっ気NO1だが、指導になるとあわててしまうようだ。攻めの精神がいいので伸びるだろう。杉田18級は粘りのあるタイプだ。中盤が危ないが危なそうで切り盛りするのが面白い。佐治20級は集中すればもっと勝てるだろう。西田23級は中盤の作戦が守りに偏りすぎるが、実力はもっと上の級だ。



入門コースから自宅教室に移った子どもはみんな成績が良いので、見た目以上に伸びているのがうれしい。基礎をしっかり身につけて伸びて行ってほしいものだ。



posted by モリノブ at 15:55| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊丹コース 5月6日


IMG_c8628.jpg 


伊丹日曜コース 5月6日


成績優秀者=福田拓馬準四段4−0 浅沼初段4−2 安孫子4級2−1池田8級2−1 崎山6級3−2 細井13級3−2 

指導対局勝者=崎山6級(五枚落)池田8級(五枚落)福田ほのか11級

昇級者=なし



10名出席だった。福田準四段は試験だがクリアせず。中盤がやや単調な気がする。もう少し丁寧さが必要だ。中野二段も試験だが、クリアせず。終盤の力を発揮するまでに形勢がもう少し近づいていれば・・ふたりとも時間の問題だが、こういうときに自分の将棋の特徴を見ておきたい。



淺沼初段も中盤がやや雑い。力を発揮するパターンに持ち込むのがうまくない。それでも勝っているので実力がある証だ。安孫子4級も力をつけてきた。終盤が吹っ切れたら飛躍するだろう。思い切りのよさがほしい。池田8級は粘り強さがあるので、やはり中盤の作戦に工夫したい。崎山6級も腕力があるので、ついつい荒っぽくなってしまうのに注意しよう。細井13級もジワリと力を身につけてきている。福田ほのか11級はまだミスが多いので堅実な指し方を身につけたい。



 伊丹コースは腕力派が多いので、課題は中盤の作戦だろうか。無理な攻めをしないことと、位負けをしないこと、それから攻めの駒組みを作るまで我慢するjことだろうか。ひと皮むければグイグイ上達しそうなタイプがそろっている。



posted by モリノブ at 14:45| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

木曜入門コース 4月26日


IMG_c7966.jpg 


木曜入門コース 4月26日

16:15〜17:45


成績優秀者=山田19級6−0 信楽光希10級5−0 水野20級3−1 末廣21級3−1 高木19級4−2 吉田22級3−2  

指導対局勝者=信楽光希10級(五枚落ち)信楽なおき17級(六枚落ち)杉田18級(六枚落ち)高木19級(六枚落ち)佐治20級(六枚落ち)水野20級(六枚落ち)末廣21級(六枚落ち)吉田22級(六枚落ち)西田23級(六枚落ち)

昇級者=信楽光希10級
9級 山田寛聖19級18級 水野光20級19級



13名出席だった(見学1名)信楽光希10級はどこまで勝ち続けるのか楽しみだ。山田19級も指導ではまだまだだが、攻めっ気の強さでグイグイ勝っている。水野20級はきれいな将棋を指している。末廣21級も終盤を磨けばもっと伸びる。高木19級もここ最近でたくましさが増した。吉田22級も難しい局面をこなしている。



 入門コースでは駒落ちが中心なので、六枚落ちはみんな強い?この感じで平手も指導したいのだが、戦法は難しい。今は中飛車だが、素直に真似るのがよい。まだ全体ではミスでの決着がほとんどだが、「攻め」が強いほど勝つ可能性も高いのが特徴のようだ。



posted by モリノブ at 16:24| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースB 4月22日



IMG_c7796.jpg 


日曜コースB 4月22日

13:00〜15:30



成績優秀者=福田準四段5−0 鈴木準二段2−0 岩井1級3−1 遠藤三段2−1 飯田初段3−2 

指導対局勝者=尾上友準二段(飛香落ち、森七段)福田ほのか11級(六枚落ち、森七段)

昇級者=なし



10名出席だった。阪上二段が指導、西田三段は受験者特訓、森七段が手合いと指導の補佐だった。



福田準四段が好調で負けなしだった。以前よりも内容はよくなっている。これからは持続力だろう。鈴木準二段は昇級試験だったが、負け。飛香落ちの作戦がうまくない。実力を発揮できる作戦が大切だ。岩井1級はこのコースでよく踏ん張っている。終盤の強さを武器にしている。少し狙いすぎのときもあるが・・遠藤三段はここから上位に上るために、攻めを磨きたい。飯田初段は終盤でときどき不出来になることがある。寄せのパワーは詰将棋しかない。



 勢いのあるタイプがそろっているので、勝ち抜くのは大変であるが、このコースで勝てば実力充分ともいえるかもしれない。
@自分の得意の序盤の作戦を持つA中盤は堅実さを大切にするB終盤は厚みのある指し方を目指す、ことである。



posted by モリノブ at 15:09| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜コース 4月21日



 

IMG_c7758.jpg



IMG_c7759.jpg

土曜コース 4月21日




成績優秀者=加藤四段2−0 岡本吉晃10級5−1 浅田5級4−1 野条1級4−1小林9級6−2 吉村六段3−1 獺ヶ口五段3−1 福田拓馬準四段3−1 廣島4級3−1 片山12級3−1 田川竜也1級3−2 高井1級3−2 白井3級3−2 奥野文太5級3−2 平野6級3−2 

指導対局勝者=武内準初段(二枚落ち、森七段)奥野文太5級(四枚落ち、藤原三段)

昇級者=野条耕太郎1級
準初段



30名出席だった。指導が藤原三段、補佐が森七段、手合いが阪上二段だった。加藤四段は中盤から終盤の少し苦戦のときに実力を発揮するタイプのようだ。岡本吉晃10級は最近勢いが出ている。浅田5級もたくましさが加わったようだ。野条1級はまだまだ実力を出し切っていない気がする。中盤が課題だ。小林9級はこの日は充実していたようで、これからもこのペースで行きたい。



 吉村六段は中盤で柔軟さがほしい。獺ヶ口五段も上手の呼吸を身に着けたい。福田拓馬準四段は常に形勢が安定した指し方を身に着けたい。廣島4級は中終盤のパワーがほしい。片山12級も中盤での攻め中心の戦いぶりが必要だ。



 見て回っていると全体にしぶとい戦いぶりだが、@中盤の形勢で悪くしないA終盤は確実さが必要B攻めを中心に指したい、課題はこんなところだろうか。逆に言うと、この反対の傾向がある・・将棋は気持ちが入るだけで、一気に上達する面がある。

 



  
posted by モリノブ at 13:19| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

伊丹コース 4月15日




IMG_c7484.jpg



伊丹コース 4月15日


成績優秀者=加藤亮汰四段3−0 中野二段2−0 平井14級4−1 淺沼準初段4−2 細井14級4−2 遠藤三段2−1 白井3級4−3 



指導対局勝者=細井14級(六枚落ち)今出19級(七枚落ち)



昇級者=浅沼立輝準初段
初段



13名出席だった。淺沼準初段が初段になった。腕力将棋だが、辛抱強さが武器だ。序盤から中盤はうまくないのでこれからの課題である。



加藤亮汰四段は中終盤の底力は相当のものがある。その分やはり中盤までが不安が残る。中野二段も終盤のセンスは抜群だ。やや伸び悩んでいるのは確実さに欠けることだろう。平井14級はようやく慣れてきて勝ち始めたようだ。細井14級は力がついてきた。足を踏み出した感じで楽しみだ。遠藤三段もバランスのいい将棋で崩れにくいのがよい。白井3級は以前よりは集中できつつあるが、まだ集中できるはずだ。

 今出19級は終盤が課題で、でもきちんと指せている。



 伊丹コースは全体に終盤タイプが多くて、だから序盤と中盤があらっぽいようである。もう少しだけ形勢判断、大局観に目が行くともっともと伸びるタイプが多い。本人たちがわかっていないかな?



posted by モリノブ at 16:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜コース 4月14日

 IMG_c7448.jpg


IMG_c7449.jpg


土曜コース 4月14日


成績優秀者=吉村六段4−0 獺ヶ口五段4−0 櫻田準2級4−1岡本隆宏準3級3−1 松村7級3−1 薄10級3−1 岡本吉晃11級3−1 棚瀬17級3−1 奥野文太5級4−2 福田ほのか11級4−2 中村18級4−2 福田準四段3−2 小田5級3−2 



指導対局勝者=岡本準3級(四枚落ち、上田1級)



昇級者=飯田和輝準初段
初段 岡本隆宏準3級3級 岡本吉晃11級10級



30名出席だった。三段リーグ初日のため、指導は上田洋1級、補佐が森七段で手合いが阪上二段だった。



 飯田準初段が順調に初段になった。総合では安定しているが、やはり終盤のパワー不足があるので、ワンランク上の詰将棋に取り組みたい。岡本隆宏準3級も好感のもてる集中力で、もっと伸びていくだろう。岡本吉晃11級もようやく力を発揮しだした。兄弟そろっての昇級だった。



 吉村六段と獺ヶ口五段はもっと倍くらいの対局数をこなしたい。早く指して勝つのが課題だ。櫻田準2級は地力はついているが、終盤の前あたりでやや不安がある。松村7級は攻めの駒組みで攻めを磨きたい。薄10級は何となくこなす面があるが、やはり攻めを心がけたい。棚瀬17級は入門コースからだが、こなしていけそうだ。奥野文太5級もようやく動き出したが、バランンスのいい将棋なので、壁を突破しそうだ。福田ほのか11級は実力に幅がある。下の弱い方をレベルアップしたい。上は力が身についてきている手ごたえはある。中村18級も将棋の形はもっと上だ。



 いい雰囲気で来ているので、後半で崩れないように我慢してほしいものだ。集中を欠くと将棋は大崩れしてしまうものだ。集中ができるようになると、知らない間に伸びていくものだ。



posted by モリノブ at 16:13| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

木曜入門コース 4月12日


 
 木曜入門コース 4月12日

成績優秀者=福田ほのか12級4−1 山田19級4−1 水野20級3−1 吉田22級2−1 信楽直希17級3−2 末廣21級3−1 高木19級3−2 小西20級3−2
指導対局勝者=福田ほのか12級(五枚落ち)信楽17級(六枚落ち)小西20級(六枚落ち)水野20級(六枚落ち)佐治20級(六枚落ち)末廣21級(六枚落ち)吉田22級(六枚落ち)

昇級者=福田ほのか12級⇒11級

☆12名出席だった。福田ほのか12級が昇級した。まだ安定性には欠けるが、実力はついている。悪手、ミスを減らせばもっと勝てるだろう。山田19級がまだまだの快進撃だ。水野20級も冷静な指しっぷりがよい。

 まだ序盤から中盤は危なっかしいが、それでも全体にレベルアップしている手ごたえはある。
posted by モリノブ at 17:09| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

木曜入門コース 3月22日


 木曜入門コース 3月22日

成績優秀者=山田20級6−0 高木20級4−1棚瀬17級3−1 末廣22級3−1 佐治20級3−2 

指導対局勝者=杉田18級(五枚落ち)高木20級(六枚落ち)小西20級(六枚落ち)佐治20級(六枚落ち)末廣22級(六枚落ち)吉田22級(六枚落ち)西田23級(七枚落ち)

昇級者=高木洸希20級⇒19級 山田寛聖20級⇒19級 末廣陽大22級⇒21級

☆11名出席だった。高木20級が昇級した。指し手が早くなって実戦のカンをつかみつつあるのが、いい結果につながっている。山田20級は勢いが止まらない。攻めの姿勢がいいようだ。末廣22級も徐々に力をつけてきている。棚瀬17級は安定感があるのがよい。佐治20級も集中すればもっと勝てるだろう。

 3月から4月、5月にかけては入れ替わりがあって落ち着かない傾向だが、入門コース出身は級が上がって子ども教室に移っても優秀である。級に関係なく、振り替えは可能です。その場合はテキストで日程を確認して下さい。2時間耐えられる子なら「特訓コース」もあります。
posted by モリノブ at 12:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

日曜コースB 3月18日

 
IMG_c6079.jpg
 






 日曜コースB 3月18日


成績優秀者=遠藤準三段3−0 浅沼準初段4−1 野条1級4−1  薄三段3−1 福田三段3−1 岩井準1級3−2 

指導対局勝者=福田三段(飛落ち、阪上二段)浅沼準初段(二枚落ち、阪上二段)

昇級者=なし



10名出席だった。遠藤準三段がここでも好調で昇級試験になった。淺沼準初段はこのコース初参加だが好成績だった。十分にやっていける。野条1級も強い場ほど力を発揮するタイプのようである。薄三段も休んでいた分を取り戻しつつあるようだ。福田三段も昇級試験を迎える。岩井準1級もそん色なくいい線を行っている。このコースは勝ち抜くのが大変だが、充実しているので楽しみだ。



 

 中盤をみるとだいたいの序盤作戦からの実力が見えてくる。序盤作戦で勝負がついてしまうほど、今は作戦が重要なポイントをしめている。作戦は好みと向き不向きがあって、どれを選択するのかも大きい・まずはまっすぐに攻める姿勢がほしい。それから自分の持ち味を考えてさしこなしていくのがいいように思う。



 常に攻めの姿勢を持っているのがよい。それから受けは徹することだ。悪くなって受けるのは意味合いが違うのだ。攻めはゆっくり確実に、受けは素早く先に先に・・その感覚だ。



posted by モリノブ at 15:56| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースA 3月18日


IMG_c6066.jpg



成績優秀者=遠藤準三段2−0 吉村六段3−1 野条1級3−1 小林9級3−1 薄10級3−1  黒岡13級4−2 松本準三段2−1 福田三段3−2 平林6級3−2 松村7級3−2



指導対局勝者=なし



昇級者=なし





☆23名出席だった。遠藤準三段が順調に星を伸ばしている。安定感のある戦い方がよい。課題は終盤の競り合いだろうか。野条1級も実力をつけてきた。もともとセンスがいいので伸びシロがある。小林9級は愚痴る割に勝っている。戦いが始まるとしぶといのが良い。薄10級はまだ終盤が非力な感じがする。それでも勝っているのが強みだ。パワーアップしたら楽しみだ。黒岡13級もマイペースで伸びてきている。対局数が多いのもいいことだ。

 ひとりひとり見ていくとレベルが高いメンバーと思う。ただしそれぞれに弱点も気になる。特徴が固まってしまうとなかなか脱皮するのが大変だ。序盤がうまくない子は形勢判断をしないで指すクセがある・・中盤がもろい子は受けというよりも逃げ腰になってしまう・・終盤がもろい子は優勢でも勝ち切れないので逆転負けをしてしまう・・

 これらを克服するには@自分の弱点を知ることA弱点はいっぺんには治らないが、直そうと思う気持ちが大きい、ことだろうか。

 3月の後半は少し早かったので、次回まで空きすぎてしまうが、春休みは将棋を指しに行ってみよう! 
posted by モリノブ at 15:22| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

土曜コース 3月17日



IMG_c6036.jpg

土曜コース 3月17日




成績優秀者=信楽光希12級5−0 獺ヶ口五段4−0 柳瀬18級4−0 武内準初段3−0 奥野文太5級3−0岡本克晃11級5−1 飯田準初段3−1 尾上友亮準二段4−2 岡本準3級2−1 廣島4級2−1 則包6級2−1 平野6級3−2 岩瀬11級3−2 



指導対局勝者=なし



昇級者=信楽光希12級
11級 棚瀬一真18級17級 



34名出席で、千田三段が指導、森七段が総括と指導の補佐、阪上二段が手合いだった。入門コース組が好調で、信楽光希12級が昇級した。大局観のいい将棋で、もっと上の実力がありそうだ。棚瀬18級は初めての出席だったが、落ち着いて力を発揮した。



 武内準初段は終盤だけならもっと上の底力がある。奥野文太5級もようやく手ごたえが出始めて、再発進しそうである。岡本11級は実力発揮で昇級はまちがないだろう。



 

 今日で終わりの子どもがいたのだが、出席者が多くてなかなか声を掛けられなかった。将棋教室に通ったことで何らかのプラスを発揮してほしいものだ。途中で伸び悩んで勝てなくなったときに、継続できるかどうかが大きいと思う。コツコツやっていくと強くなるのが将棋で、いっぺんに勝とうとか、強くなってやろうと思うと、むしろ足踏みするものなのだ

posted by モリノブ at 22:51| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊丹コース 3月11日




伊丹コース 3月11日



成績優秀者=福田拓馬三段4−0 崎山7級4−1 中野二段3−1 浅沼準初段3−1 池田9級4−2福浪準二段3−2 福田ほのか12級3−2 



指導対局勝者=福田拓馬三段(飛落ち、佐和田2級)戸田準1級(二枚落ち、佐和田2級)今出20級(八枚落ち、梶井)



昇級者=池田諒政9級
8級



この日は12名出席だった。森七段が欠席で佐和田2級が指導対局をした。佐和田2級は子ども教室出身で、四枚落ちの手合いの頃から、上手の私がよく逆転負けをしたものだ・・

 池田9級が昇級したが、序盤はうまくないがそのあとでバランスを保つのが長所だ。福田拓馬三段は持ち前の粘り強さがいい面に出てきている。どの将棋も悪手を指さないように心がけたい。



 崎山7級は食いついていく指しっぷりがあるのがよい。中野二段は終盤に磨きがかかっている。中盤の雑さがなければもっともっと伸びる。浅沼準初段もワンランクアップした印象だ。



 伊丹コースは級の下の子ども達が少なくなっているが、全体では活気がある。レベルも高い気がする。もう少し全体の層を厚くしたいものだ。



posted by モリノブ at 22:28| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

土曜コース 3月10日


  IMG_c5899.jpg

 IMG_c5900.jpg


土曜コース 3月10日


成績優秀者=飯田1級4−0 吉村六段3−0 岡本隆弘3級3−0 小田5級4−1 田辺歩夢11級6−2 獺ヶ口五段3−1田辺煌人18級3−1 薄10級4−2 遠藤準三段2−1尾上友準二段2−1高井4級4−3 田川竜也準1級3−2 酒井3級3−2 岡本吉晃11級3−2ハドソン23級3−2



指導対局勝者=田川竜也準1級(二枚落ち、藤原三段)高井ユキヒロ4級(四枚落ち森七段) 



昇級者=飯田1級
準初段 田辺歩夢11級10級 田辺煌人18級17級 



34名出席だった。指導は藤原新三段で、補佐が森七段、手合いが阪上二段だった。飯田1級が待望の準初段になった。コツコツと伸びているタイプで粘り強さがある。これから終盤のパワーアップが課題である。田辺歩夢11級も10級になった。安定したものが出てきたようだ。田辺煌人18級も腕を上げているのがわかる。将棋に集中でき始めているのが大きい。



 



 岡本3級もまた動き始めた感じで、伸びている。小田5級は以前に通っていたときは14級くらいだったので、躍進している。薄10級も手ごたえが出始めている。終盤がまだゆるいので課題である。





 人数が多いせいもあるが、ところどころでざわついているのが残念だ。集中するのは案外難しいのだ。どんなに強くても、強くなりそうでも、おしゃべりして盤面に集中ができないと上達は無理である。一人一人と接するといい面があるのでもったいない




 進級の関係で3月いっぱいまでの子もいる。長く通ってきた子もいてさみしいが、この季節は毎年味わうことなのだ・・また将棋と接してほしいと思う。



 



 将棋は自分の使える駒を活用させる・・その方法がそれぞれの個性である。個性の前にセオリーのようなものがあって、それが基本の技である。技といっても守りの陣形、攻めの駒組みをきちんとすることがスタートだ。運転と同じで「急」はよくない。「自然な動き」がいい。自然というのが難しいのだが、積み重ねる感覚である。



posted by モリノブ at 14:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

木曜コース 3月8日




IMGc_5711.jpg






 

私のミニ駒の駒袋を開けようとしている?金太郎



木曜入門コース 3月8日




成績優秀者=山田21級5−1 西田24級3−1 信楽みつき12級2−1 信楽なおき17級2−1 

指導対局勝者=福田ほのか12級(五枚落ち)棚瀬18級(五枚落ち)水野20級(六枚落ち) 末廣22級(六枚落ち) 吉田22級(七枚落ち) 沼澤23級(七枚落ち) 西田24級(七枚落ち)



昇級者=杉田聡一朗19級18級 山田寛聖21級20級 西田匠吾24級23級



12名出席だった。杉田19級が昇級した。このところ安定しているが、終盤はまだまだ危ない。山田21級は勢いのある将棋で白星まっしぐらである。攻めの姿勢がいいよいうだ。指導では無理攻めをとがめられているので、もう少していねいさがほしい。西田24級は丁寧に指すのがよい。バランスがいいので伸びていくだろう。



 級の数字からするとレベルアップしていると思う。センスのいい子も多いので、活気が出る方向には向かっている。だからこそもう少し集中力がほしい。将棋はどんどん強くなっても文句は言われない?強くなる要素はいっぱいあるが、地に足がついているかどうかだろうか。伸びそうなものを持っているので、はしゃぐのがもったいないのだ・・



 



posted by モリノブ at 19:32| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースB 3月4日

 IMG_c5484.jpg


日曜コースB 3月4日



成績優秀者=尾上知也五段2−0 福田拓馬三段3−1 鈴木準二段3−1 岩井準1級3−1 尾上友亮初段3−2



指導対局勝者=尾上友亮初段(昇級試験、飛香落ち、阪上二段) 岩井準1級(二枚落ち、阪上二段)



昇級者=尾上友亮初段
準二段



7名出席だった。尾上友亮初段がようやく昇級試験をものにした。強い部分は強いが、弱い部分を残している印象だが、それが総合的に解消してきてレベルアップした感じだ。直感だけでなくて読みも鍛えるともっと伸びるだろう。尾上知也五段は指導は二局とも負けだったが、序盤がものたりないのが原因だろう。終盤の粘着力はいいものがある。福田拓馬三段も一局を通じて崩れないものを持つのが課題だろう。普通に指して勝つことが大切だ。



 鈴木準二段は慣れてきて実力を発揮しだしたが、終盤はやや物足りないようだ。安定感はピカ一である。岩井準1級はすでに有段の実力があるが、中盤あたりはもうすこし柔軟さがほしい。



 少人数だがレベルは高いコースで、それだけに勝ち抜いていくのは大変だ。腕を磨くにはいいコースなのである。



posted by モリノブ at 18:48| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースA 3月4日

 IMG_c5476.jpg


日曜コースA 3月4日



成績優秀者=吉村六段3−0 白井3級4−1 尾上知也五段3−1 櫻田準2級3−1刈屋明日香15級3−1 中井10級4−2 薄11級4−2 福田ほのか12級3−2 小林9級4−3 



指導対局勝者= 中井10級(五枚落ち、森七段)深海14級(六枚落ち、森七段)



昇級者=安孫子建5級
4級 薄翔大11級10級



少し休みもいて18名出席だった。少ないので久しぶりに私が指導対局に回った。坪井1級が指導の補佐で、阪上二段が手合いだった。土曜コースと日曜コースはメンバーが代わるので、微妙に雰囲気が違うようだ。



 安孫子5級が昇級したが、終盤の力がアプすれば初段に遠くない指しっぷりと思う。薄翔大11級も少しピッチが上がってきたが、まだ攻めにパンチ力が足りない感じだ。これからである。



 白井3級も少し腰が据わり始めたので、これから楽しみだ。尾上知也五段は徐々にしぶとさが戻ってきている。櫻田準2級もエンジンをかけて早く初段をつかみたい。刈屋明日香15級は総合力はあるが、終盤のたくましさがあればもっと上っていくだろう。中井10級はカンがいいので集中すればもっと伸びるものがある。福田ほのか12級も棋力に幅があるが、上乗せしてきている。小林9級はいいペースで来ているので、これからも盤面にのみ集中しよう。



 なかなか集中という言葉の意味が難しい
しゃべらないで盤面を見る、駒を見る、それが難しいようだ。飯を食うのも忘れるほど詰将棋ばかり解いたり作っていた私にはうまく説明できないので困る。

 

 わかりやすくいうと「詰将棋をいっぱい解くこと」かなあ。

 
上達しそうな子もいっぱいきているので指導のしがいがあるが、そのまま結果が出るわけではない‥もったいないと思うことの方が多いかもしれない。








posted by モリノブ at 12:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

伊丹日曜コース 2月26日

 IMG_c5200.jpg



伊丹コース 2月26日



成績優秀者=浅沼準初段5−0 飯田1級4−1  白井3級4−2 池田9級2−1 崎山8級3−2 平井14級3−2 



指導対局勝者=浅沼準初段(二枚落ち)白井3級(二枚落ち)細井14級(六枚落ち)



昇級者=崎山諒介8級
7級



11名出席だった。(見学1名)崎山8級が星を伸ばして昇級した。線の太い指し方ができるので、序盤をうまくこなせば伸びるだろう。浅沼準初段に勢いが出てきた。課題は中盤の積極さで、まえに向く指し方をすればもっと飛躍できるだろう。白井3級は手拍子のミスをなくすjことと、持久戦を耐え抜くことだろう。飯田1級はやや勢いがなくなっているが、素早く指すことを心がけたい。





終盤が強いと序盤から中盤が雑になりがちで、序盤から中盤がうまいと終盤のパワーに欠ける傾向があるのだ。自分の長所や短所を知ることと、将棋にきちんと向き合うことが大切だろう。少しだけ我慢して、盤に集中するクセをつけた
posted by モリノブ at 14:47| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜コース 2月25日

 
IMG_c5194.jpg

 指導は千田三段
  


土曜コース 2月25日


成績優秀者小田6−0 吉村六段3−0 獺ヶ口五段3−0 野条準1級4−1 福田ほのか13級6−2 奥野文太5級5−2 遠藤準三段3−1 櫻田3級3−2 福井5級3−2 岩瀬11級3−2 岡本11級3−2 薄11級4−3 



指導対局勝者=なし



昇級者= 野条耕太郎準1級
1級 櫻田武瑠3級準2級 奥野元太8級7級 福田ほのか13級12級



34名出席だった。野条準1級が1級に昇級して、いよいよ初段が目前だ。実力的にはもっと上の方だろう。櫻田3級も順調に伸びているが、早く初段を目指したい位置にきた。戦いに幅ができれば大丈夫である。玉を囲って攻める、このパターンだ。奥野元太8級は荒っぽいが、センスのよさでここまできた。ここからはしっかりした指し方が必要である。福田ほのか13級も潜在的にはもっと強いが、凡ミスをなくしたい。



 人数が多いと集中が途切れる心配もあるので、よけいに自分のペースを保つように心がけたいものだ。自分でも気づいていると思うが、おしゃべりをしてしまうと、集中が途絶えてしまい、勝てないものだ。思っている以上にメンタル面が大切なのが将棋の特徴でもある。ふとしたきっかけでご破算になってしまうのである・集中するために将棋を指して、集中力を生かして上達する・・それが理想だ。



posted by モリノブ at 14:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜入門コース 2月23日

  


木曜入門コース 2月23日



成績優秀者=山田22級5−0 末廣22級4−1 高木20級3−1 杉田19級3−2 吉田23級3−2 



指導対局勝者=高木20級(六枚落ち)末廣22級(六枚落ち)吉田23級(七枚落ち) 



昇級者=山田寛聖22級21級 吉田修司23級22級



10名出席だった。山田22級が勢いがあって勝ちまくっている。攻めの姿勢がいい結果を生んでいるようだ。まだ無理気味だが積極さがいいのだ。吉田23級も粘り強いタイプで伸びてきた。末廣22級も安定感がある。高木20級はときどき手が止まるのが気になる。自陣の駒を使う呼吸を覚えたい。杉田19級は上昇ムードがある。





 途中で集中が途切れてしまうと、将棋はもろくなってしまう。我慢して集中を続けると、何かが生まれて身についてきて、いい方向に向いてくるものだ。
@素早く指すようにするAわからないときは自陣の整備をするB玉が堅い時は攻めに徹する



posted by モリノブ at 13:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

日曜コースB 2月19日

 IMG_c5054.jpg


日曜コースB 2月19日


成績優秀者=中野二段4−0 丸尾祐太六段4−1 丸尾菜々準二段3−1 尾上友亮初段3−1 


指導対局勝者=松本準三段(飛落ち、阪上二段) 丸尾菜々準二段(飛香落ち、西田三段)



昇級者=丸尾菜々準二段二段





 
 ☆11名出席だった。丸尾菜々準二段が二段に昇級した。初段あたりからなかなか抜け切れないものがあったが、昇級をきっかけに壁を越えてほしいものだ。中野二段は実力は充分にあるので、丁寧さが身に着くともっと勝つはずだ。尾上友亮初段は昇級試験だが、もう少し踏み込んで指したい。

 
 

 有段者になってくると、壁が厚くなってくるので、かなり勉強していないと勝ち抜くのが至難である。それなりの序盤から中盤、終盤力が必要になってくる。きちんと指すように心がけたい。きちんとというのは抽象的だが、ていねいにという意味と、無理をしないで自然に駒を進める‥ようにという意味だ。

 何となく勝つのが大切だ‥強さを見せないで勝つのがよい?
posted by モリノブ at 23:46| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜コースA 2月19日


IMG_c5045.jpg 

 日曜コースA 2月19日



成績優秀者=刈屋直隆8級5−0 吉村六段3−0 福田準三段3−0 信楽みつき12級5−1 我孫子5級4−1 黒岡13級4−1 信楽なおき18級4−1  小林10級4−2 櫻田3級2−1 薄11級4−3 加藤12級3−2 

指導対局勝者=福田準三段(試験指導対局、飛落ち、石川二段)

昇級者=福田拓馬準三段三段 刈屋直隆8級7級 小林昌樹10級9級

☆福田準三段が昇級した。粘り強い面がある反面、もろさもあるようだ。これからは深く手を読むことが課題だろう。刈屋8級は再発進した感じで、動き出した。小林10級も成績は安定している。手ごたえが出てきているのは大きい。手つきをきちんと直したい。信楽みつき12級はセンスがよくて、いい将棋を指している。まだ腕力に欠けるが期待したい。

 我孫子5級も変身したように勝ち始めている。もともと終盤の力さえつけば、中盤はうまいものがあった。黒岡13級はもっと上の実力がありそうだ。信楽なおき18級も独特のカンがあって伸びそうだ。櫻田3級も昇級ペースに入ってきた。

 明暗がわかれたような成績の傾向にあるが、勝つコツをつかむと運も味方するような面があるのが将棋だろうか?集中力とある種の欲がほしい‥勝ちたいという欲だ。なかなか勝てない子もいるが、ほとんどがミスが原因である。きっかけがつかめると一気に伸びるのも将棋だ。
 
posted by モリノブ at 23:13| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜特訓コース 2月18日

 
IMG_c5039.jpg

 土曜特訓コース 2月18日

この日は午前中は小学校のカルチャースクールで将棋の時間だった。土曜特訓コースは午後から2回だった。
 13:00〜15:00  15:30〜17:30まで

 四面指しで平手と駒落ちだが、最近は参加者が多いと平手オンリーの場合もある。持ち時間は15分切れ30秒が基本で、ときどき時間や人数の都合で増やしたり減らしたりすることもある。

 平手の課題=やはり戦法を覚えないと、うまく戦えない。難しい手順はともかく、基本定跡で構わないので、形を真似よう・・それから攻めの陣形と守りの陣形をできるだけ区別して、両方ともにできる方よいだろう。我流はやめて、オーソドックスに指したい。

 駒落ちの課題=確実な攻め方を覚えよう。そしてもしも攻めが失敗しても、自陣の整備や自陣の駒の活用で、とにかく息長く指すように心がけたい。

 ☆特訓コースは子ども教室に通っていたら、だれでもOKです。申し込みは先着順です。
posted by モリノブ at 22:42| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。