2013年05月28日

土曜コース 5,18 日曜コースAB5,19


IMG_c6648.jpg

 5月18日土曜コース

土曜コース 5月18日 24名出席 指導上田1級


成績優秀者=獺ヶ口六段3−0 平野4級4−1 松村5級4−1 佐藤10級4−1 
         高木12級4−1 福田五段3−1 飯田準二段3−1 則包6級3−1 
         受川15級4−2 吉村六段2−1  松本準三段2−1 


指導対局勝者=則包6級(四枚落ち、上田1級)


昇級者= 平野獏4級準3級 山田凉ノ介17級16級


 平野4級は最近エンジンがかかってきた。準3級になると1級、2級とも対戦するので楽しみだ。則包6級は久しぶりの昇級だ。やはり上位との対戦がカギだろう。松村5級はそろそろ勢いに乗りたい頃だ。佐藤10級は知らない間に勝ち星を積み重ねているタイプで、安定している。高木12級もいいペースになってきた。終盤の寄せが課題だ。飯田準二段は昇級試験に入った。いっときの勢いがやや失せているようだ。終盤の踏込だ。

 

受川15級は指しっぷりはうまいのだが、寄せは緩い。もったいない負けがある。山田17級は勝ち越しできる力があるので、どんどん昇級して行ってほしい。



 

成績のいいものと悪いものに分かれ始めているが、やはり終盤の力次第の面があるようだ。持ち駒を一杯ためるタイプは競り合いにもろくて、持ち駒が常に不足のタイプは中盤がざついものなのだろう。いずれにしても将棋の上達とは@寄せの力をつけるA攻めっ気が強いB玉が堅いほど勝率は高い、そんな要素が含まれている。



日曜コースA 5月19日 



23名出席 指導 佐和田2級 手合 西田三段


成績優秀者= 刈屋直隆3級4−1信楽なおき10級4−1  平野4級5−2 城根15級3−1 
           浅沼四段2−1 白井1級4−2 尾上準三段2−1 小林4級3−2 棚瀬11級3−2 
           黒岡10級3−2 今廣17級3−2 


指導対局勝者=なし


昇級者=刈屋直隆3級準2級 信楽なおき10級9級



刈屋3級が急速に力をつけてきたようだ。中盤から終盤はまだパワー不足だが、安定した成績を残している。信楽なおき10級はずっと入門コースだったが、こちらに移っても好成績だ。どんどん伸びてほしい。平野4級も対局数が多くなったのも、気合がある証でいい。城根15級は年齢の割に冷静で頼もしい。白井1級は好成績の次が課題で、星を集めているときは欲を出したい。小林4級はやや壁にぶつかっているが、丁寧さが必要だ。棚瀬11級は中盤は無理気味だが、粘り腰が強みのようだ。黒岡10級は寄せの踏み込み次第である。今廣17級も冷静な指しっぷりで勝負強いのがいい。



 気合がいいのと無鉄砲は似ている面もある。冷静さと消極的なのも似ているものだ・・それぞれに長所の面が出る方がいいのに越したことはないが、将棋は逆に悪い面が出やすいゲームの気もする。なかなか自分の持ち味は変わらないものなのだ。ではどうしたらいいのかと言うと、何局かに一局は意識して棋風を替えて見るのがいいと思う。攻め好きなら受けに徹して、受けが好きなら攻めに徹してみることだ。



 同じパターンを避ける、これも上達法の一つの考え方である。



日曜コースB 5月19日 



5名出席 指導 西田三段 手合い 佐和田2級


成績優秀者=福田五段4ー0 尾上準三段3−1 


指導対局勝者=福田五段(角落ち、西田三段)野条準二段(飛香落ち、西田三段)


昇級者=なし


福田五段が指導も勝って4連勝だった。終盤の確実さが課題で、勝つためのテクニックを用いないでまっすぐに指すことが大事だ。尾上準三段は中盤の出来次第である。序盤からもう少し辛く指したい。野条準二段は乱戦に強いが、柔軟さがほしい。力はあるのだが出し切れていない。



 このBコースは少なくなっているが、内容を刷新しないといけないかもしれない。現在考慮中である?













 



posted by モリノブ at 16:26| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜コース、日曜コースAB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。