2013年08月18日

日曜コースA、B 7月14日 7月21日

 
IMG_c8605.jpg



日曜コースA 7月14日 19名出席 



指導対局、手合い西田三段、佐和田1級


 成績優秀者=淺沼準五段3−0 信楽光希準2級5−1信楽直希7級5−1 刈屋直隆2級6−2 
          奥田準二段3−1 今廣16級3−1  尾上準三段4−2 藤本14級4−2 
           加藤8級3−2黒岡10級4−3 

 指導対局勝者=淺沼五段(角落ち、佐和田1級) 奥田準二段(佐和田1級、飛香落ち)

 昇級者=なし



日曜コースB 7月14日 6名出席 


 成績優秀者=福田五段2−1 中野準四段2−1 

 指導対局勝者=尾上準三段(飛落ち、西田三段



昇級者=なし



日曜コースA 7月21日 14名出席 指導 西田三段、指導、手合い森七段


成績優秀者=小林4級4−1 石田9級4−1 松村5級3−1 棚瀬10級3−1 平林5級2−1 

指導対局勝者=松村5級(四枚落ち、森七段)鈴木8級(五枚落ち、森七段)

昇級者=棚瀬一真10級
9級



日曜コースB 7月21日 4名出席


成績優秀者=浅沼準五段1−0

指導対局勝者=なし

昇級者=なし



7月の日曜コースはやや少なめの出席だった。棚瀬10級が9級に昇級した。中盤がやや粗い感じがするが、勝ちを逃さない鋭さがあるようだ。信楽光希準2級はここまでほぼノンストップできたが、上位陣との対戦で初めて壁にぶつかってきたようだ。急がないで克服したい。刈屋直隆2級も同じようだが、終盤でもう少し粘り強さを出したい。勢いで上位陣との対戦も突破してほしいものだ。今廣16級は年齢の割に腰が据わっていて頼もしい。グイグイ伸びていきそうだ。



 

まだまだ全体に相手のみすで勝つケースが多いようだ。それもいいのだが、将棋は互角の対戦で互角に持ち込み、終盤で寄せ合い
それが理想の内容でもある。そのためにもきちんと指すことが大切で、駒落ちをやるのも、指導対局をするのもそれが目的だ。棋力が低いのはいずれ克服できるが「きちんと戦う」のは身に着けないといけないものがある・・



 
@相手のミスを期待しないことA自分より棋力が下でも上でも普通に指すことB気持ちは常に攻めの姿勢を持つこと、


 



posted by モリノブ at 21:03| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372353748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。