2012年11月12日

土曜コース 10月27日



IMG_c8886.jpg


土曜コース 10月27日


成績優秀者=吉村六段4−0武内初段4−0 獺ヶ口五段2−0 福田準五段3−1 白井2級3−2
          小田5級3−2 奥野元太6級3−2 薄8級3−2 



指導対局勝者=廣島準3級(三枚落ち、高井6級)奥野元太6級(四枚落ち、森七段)



昇級者=なし



21名出席だった。ようやく普段に戻ってきた雰囲気だが、今は土曜コースの方が静かみたいだ?日曜コースも期待したいが?



 吉村六段が好調だが、駒落ちの上手を持って指すのが大切だ。獺ヶ口五段もそうで、上手を持つと幅が広くなる。平手オンリーだとややこまやかさに欠ける傾向になる。武内初段が快調に飛ばしている。実力は(序盤が普通ならだが?)四段くらいはある。福田準五段はもう少し柔軟性がほしい。次に指す手を決めないで、ふんわりと指す感じだ。



 白井2級は焦りがちに指す癖がなおらないが、相手の攻めを受け止める、相手の次の手を考えることが大切だ。小田5級は中盤で攻めと守りの駒組みの区別をつけたい。そうすると粘り強さがいきてくるだろう。奥野元太6級はやや壁にぶつかっている感じだ。玉を囲って攻めを貫く方がいいようだ。薄8級はたくましくなってきた。ここからは終盤の強さがほしい。廣島準3級は中盤でもう一歩踏みこむことだ。惜しいところで逃している。



 みんなそれぞれ特徴があって、アドバイスも異なるが、共通するのは
@攻めの踏み込みA終盤の切り込みB攻めと守りの駒の区別をすることだろうか。



posted by モリノブ at 11:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301451217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。