2012年11月09日

伊丹コース 10月21日



IMG_c8398.jpg


伊丹コース 10月21日


成績優秀者=池田7級5−0 淺沼準三段3−1 遠藤準五段2−0 白井2級4−2


指導対局勝者=今出19級(六枚落ち)


昇級者=池田諒政7級
6級



9名出席だった。池田7級が昇級した。序盤は不安があるのだが、中盤からの戦いは力がついてきたようだ。淺沼準三段は粘り強さが身上だが、終盤がするどくなって安定してきている。遠藤準五段はいっときにお切れ味が薄らいでいるが、地力があるのでまた復活するだろう。白井2級はそろそろ格上げしてもいいころだ。攻めと受けの緩急に工夫が必要だ。今出19級は強さが出るときと、弱さが出てしまう両面があるようだ。もったいないかもしれない。



下の級の子どもが続けるのは、どこかで根気と精神面のタフさが必要になってくる。将棋はタフでないと続けにくい要素がある。それから、確実に1手々々ていねいに指すことが大切だ。強い弱いは何とでもなるが?気持ちがとぎれると難しい。詰将棋を解くのは将棋の上達の要素が含まれている気がする。



posted by モリノブ at 13:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301059069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。