2012年09月11日

伊丹コース 9月2日


 
IMG_c4505.jpg


伊丹コース 9月2日



成績優秀者= 福田準五段2−0 白井2級4−1 寺本14級3−2 


指導対局勝者=なし

昇級者=なし



11名出席だった。福田準五段はもう少し早く指して勝ちたい。ゆったりと素早くの心得である。白井2級は指し手に丁寧さがほしい。じっくり向き合うと好手が出るのだが、見過ごしてしまう。
 寺本14級は中盤までうまい。終盤になると力不足だが、雰囲気は出ているので、もう少し詰将棋で鍛えたい。



将棋は序盤から中盤、そして終盤になるにつれて、一手の重みが違ってくる。それが大事なことで、手拍子で指すのがまずいのは、一手で決着がついてしまう重さがあるからだ。だから好手を指さなくてもいいから、プラスマイナスゼロの手を指すように心がけるのが基本だ。





posted by モリノブ at 16:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊丹コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/291981719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。